FC2ブログ
かわいいもの好きの日記です。
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年04月03日 (日) | 編集 |

あの地震は仕事中で、ビルの9階にいました。
また地震か…と思っていたら凄い揺れに。そして停電。これはただ事じゃない。
そしてビルから外へ避難させられました。避難するというのは生まれて初めての経験でした。
歩道には近所のビルから避難して人たちがたくさん。
暫く歩道にいてその時ワンセグが使える携帯の持ち主が津波の映像を見て、見せてもらってみんなで信じられない思いでいました。雪が降り出して凄く寒かった~~~
信号機も機能せず道路は渋滞。なので歩いて帰りました。
写真は歩いて帰る途中、もう少しという所の信号機。家のほうも停電なんだと。
携帯はつながらない。ネットもお待ちください表示ばかりで繋がらず情報がさっぱり。だから地震の被害、そしてあのワンセグでみた津波の事。どれほどの状況なのかわからず、帰り着いた時はもう薄暗くて、凄い事になっていた家の中でに呆然としつつ休む場所をなんとか確保しました。
携帯の明かりだけが頼りだけど使うとバッテリーがー
それでもなんとかニュースを少しだけみれて。
大変な事になったと不気味な余震が続き真っ暗でヘリコプターと救急車、消防車のサイレンが聞こえる中で眠る事もなかなかできずに明るくなるのを待ちました。
小松左京氏の地震をテーマにしたあの小説みたいだと思いながら。

自分が住んでいる区はその半分以上が海水に浸かりました。うちから2キロの距離まで津波がきたのは凄くショックでした。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。